トップ » 院長のひとりごと » 花粉症が始まりましたか?

花粉症が始まりましたか?

今年は暖冬で、既に九州や東京ではスギ花粉が飛んでいるようです。

松本のスギ花粉の観測データを見てみると、2月13日頃から観測はされているようですが、まだ花粉飛散との報告は有りません。観測器で1㎠あたり1個以上の花粉を2日以上連続して観測した日を飛散開始日として定義しています。

先週あたりからくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒み、皮膚の痒みなどを訴えて受診される方が増えてきています。敏感な方は花粉が1個でも飛んでいると症状が出るようですので、既にスギ花粉症のシーズンに入ったのではないかと思います。

日本気象協会の発表では今年の花粉量は例年、昨年と比較しても大分少ないとのことです。軽く済む方もいるかと思いますが、花粉量に関係なく症状が重い方もいらっしゃいます。

松本の今週のデータは来週発表されますが、そろそろ花粉飛散開始とみてもいいのではないでしょうか。

花粉症に対して投与される抗ヒスタミン薬(アレグラ、アレジオンなど)は多くの薬剤が発売されています。抗ヒスタミン薬は個人ごとに効きがいいもの悪いもの有るようで、「これを飲めばみんなに効果が有りますよ」とはなかなか言えません。受診されるときには今まで飲んだことのあるお薬を教えて頂けると参考になります。

今まで重症の気管支喘息やアトピー性皮膚炎の患者さんに使用していたゾレア(抗体製剤)が昨年12月に重症の季節性アレルギー性鼻炎にも使用できるようになり、報道でもお聞きになったことが有る方もいるかもしれません。この薬は今までの治療で効果が無く、日常生活や仕事などに支障をきたすほどの症状が続くような重症、最重症の季節性アレルギー性鼻炎の方が適応になります。注射製剤で、2週もしくは4週に1回注射します。抗体製剤というのは高価な薬で、ひと月の治療費が15,000円以上になると思われます。これを2月から5月くらいまでやらなくてはなりません。

当院では既存の投薬でコントロールできるよう色々と工夫して薬を組み合わせて治療させて頂いております。現時点でゾレアを使用する予定はありません。

ゾレアによる治療をご希望の方は他医療機関にお問い合わせいただきますようお願い致します。

自分に合った薬を探して、花粉シーズンを乗り切りましょう。