トップ » 院長のひとりごと » 松本市で新型コロナウィルス感染症

松本市で新型コロナウィルス感染症

約3ヵ月ぶりに松本市で新型コロナウィルス感染の報告が有りました。無症状の患者さんだそうです。

この感染症の難しいところはインフルエンザのように強い症状が出ない事が有るにもかかわらず、感染させる能力が有ることです。

今のところ長野県内で発症している患者さんの多くは県外(首都圏)との接触のある方ですので、クリニックを受診する患者さんにはご不便をおかけしますが、県外の方との接触が有った方には車でのご来院、車内での診察をお願いしています。

東京には1000万人の方が住んでいます。毎日電車で学校に通っている中学生や高校生、大学生もたくさんいるはずです。満員電車で通勤している社会人もたくさんいるはずです。もしもこの新型コロナウィルスが強い感染性を有しているのであればもっと多くの感染者が出ていてもおかしくないと思います。

にもかかわらず、数日東京に遊びに行った地方の人が新型コロナウィルスに感染し、地元で発症しています。

毎日東京で生活していてもかからない人は、感染に気を付け、密集するようなところには行かないように気を付けているのではないでしょうか。

それに引き換え、数日訪れただけで感染してしまう人達は、容易に感染する可能性のある場所に行ってしまっているのではないでしょうか。個人がどんなに感染対策をしたとしてもそういう場所に行こうとすること自体が感染に対する予防の意識が低いと言わざるを得ません。

まだまだ治療法も、ワクチンも開発途上です。出来るだけ広げない努力が必要です。

どんなところが危ないか大分わかってきていると思います。皆さん、もう少し我慢しませんか?

危ないところには行かないことが大事でしょう。人が動かなければウィルスも動きません。