トップ » 院長のひとりごと » <新型コロナウィルス感染症>

<新型コロナウィルス感染症>

WHO(世界保健機関)が新型コロナウィルス感染症(COVID-19)について2月20日までの中国での感染を調査した結果を発表しました。

この報告によると、新型コロナウィルスに感染した場合、約80%は軽い症状で、肺炎の症状が見られないケースもありました。呼吸困難などを伴う重症は13.8%、重篤化したのは6.1%でした。

お亡くなりになったのは3.8%で、年齢とともに致死率が高くなっていて、80代で21.9%でした。

発症した時の症状では発熱が87.9%乾いた咳が67.7%、倦怠感が38.1%、痰が33.4%、息切れ、のどの痛み、頭痛、筋肉痛、悪寒が11-18%なのに対し、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状は3-5%と少ないのが特徴のようです。

19歳以下の子供の感染は2.4%と少ないうえに全体的に軽症だとのことです。その中で重症化したのは2.5%でした。

日本では全国で幼稚園、小・中・高校が休学になりました。これがどれほどの効果が有るのかは今後検証する必要が有るでしょうね。

 そして、新型コロナウィルスのPCR検査を保険適応にするとのことです。これはすべての医療機関で出来るようにするということではありません。現在すべてを公費で賄っているものを保険を使ってやりましょうということです。この検査は咽頭粘液や喀痰などを取って、その中のウィルスの遺伝子を見つける検査ですので、取り方、取る場所、取る時期により検査結果が変わります。インフルエンザの迅速検査と同様に、陽性なら間違いありませんが、陰性の場合はウィルスがいないということの証明にはなりません

現時点では、軽症の方などは検査をしていませんし、無症状の方もいるようですので、潜在的にはもっとたくさんの感染者がいるものと思います。ただ、軽症の方が多いのようなので大変な騒ぎにはなっていないのではないでしょうか。

今、町の中は人出も少なく飲食店はどこもすいています。経済的には大打撃ですね。

これからどのような状況になっていくのかわかりませんが、普段から抵抗力、免疫力を高めてこのウィルスに打ち勝ちましょう!たとえかかったとしても軽くすむように備えましょう!

きちんと食べて、よく寝て、身体を動かしましょう。

早く終息してもらいたいものです。