トップ » 院長のひとりごと » 2度目のJ1リーグの序盤戦

2度目のJ1リーグの序盤戦

今年の松本山雅FCは2回目のJ1リーグでの戦いです。

リーグ戦を7試合終えた時点での勝ち点は2015年と同じ8点でした。

ただ、2015年の時はここから3連敗をしたため、中々浮上するきっかけがつかめませんでした。

昨日の鳥栖とのホームゲームは前田大然選手の貴重なJ1初ゴールをしぶとく守り抜き、貴重な勝ち点を取りました。

今年のJ1の戦いは大量得点もありませんが、大量失点もなく、しぶとく粘り強い試合が多い感じがします。

来週は現在首位のFC東京戦です。何とか負けない試合をしてきて欲しいですね。

これからが大事です。

頑張れ松本山雅FCの選手たち!