トップ » 院長のひとりごと » <B型インフルエンザ>

<B型インフルエンザ>

皆さんもインフルエンザには型の違いで大きく分けてA型とB型が有ることはご存知だと思います。

当院を受診したインフルエンザの患者さんの中で、昨年は半分以上がB型インフルエンザでした。今年はA型インフルエンザが大半で昨日までにB型はお一人だけでした。

よくB型インフルエンザはA型インフルエンザに比べて熱が上がらないとか、軽く済むなどと言われていますが、今日受診された患者さんは、午前中から急に熱っぽくなり、夕方当院を受診された時には39度以上に熱が上がっていて、寒気、頭痛などの全身症状も出ていました。

発症後6時間ほどしか経っていませんでしたが、機械で検査をしたところB型インフルエンザでした。

症状や経過だけで型判定は出来ないと改めて考えさせられました。世間で言われている事もどこまで信じていいのかわかりませんので、一つ一つ、一人一人の患者さんに合わせて検査、治療をしていきたいと思います。