トップ » 院長のひとりごと » 小寒(しょうかん)

小寒(しょうかん)

今日は二十四節気の第23、小寒です。暦の上で寒さが最も厳しくなる時期です。「寒の入り」とも言い、この日から寒中見舞いを出し始めることになります。

今年の松本は雪は少ないので雪かきをしなくて済んでいますが、例年よりも気温は低いように感じます。昼間も寒くて、中々気温が上がりません。

昨日診療を開始しましたが、インフルエンザの方が数名いらっしゃいました。来週からは学校も始まりますので、いよいよ流行り始めるのではないでしょうか。インフルエンザ以外のいわゆる風邪の方もたくさんいらっしゃいます。

手洗い、うがい、保温、加湿に注意し、この冬を乗り切りましょう。