トップ » 院長のひとりごと » 雨の常念岳

雨の常念岳

今年も昨日から常念岳診療所のボランティアに行って来ました。昨日の朝はまだ晴れていました。信州大学医学部山岳部の学生さん達と一緒に登ってもらいました。

登り始めは元気いっぱいでしたが、半分を越えたあたりから足が重くなり、歳を痛感しました。一年一年つらくなってきます。ですが、青空も見えてたいへん涼しかったです。

今年も夕方から雨が降り始め、その後は降ったり止んだりでした。雨の切れ間を縫って横通岳の方にコマクサを探しに行きましたが、今年はたくさん綺麗に咲いていました。

  

今朝もずっと雨が降っていました。下山は雨の中合羽を来て下りてきました。合羽の中は蒸し風呂のようでしたし、足はガクガク、最後は力が入らなくなりました。

何とか無事下山してきました。山の上は寒いくらいでしたが、下りてきたらたいへん暑く感じます。バテないように、明日からの診療に備えます。